人間は、朝日が昇ると目が覚めて夕日が沈むと眠くなるというのが一般的なパターンというか、人間の生体リズムとなっています。

 

従って、日照時間の短い冬の季節というのは6時過ぎでも薄暗い状態なので、ついつい朝寝坊してしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

一方、春先から日照時間も長くなるので、6時過ぎとなるとすでに明るくなっているので、朝も早く起きやすいのではないでしょうか。

 

また、晴れて明るい日はいいのですが、曇りの日や雨の日というのはそれほど明るくはありません。

 

こうした季節や天候によって起床時間が左右されてしまうのでは困ってしまいます。

 

そんな中、光目覚まし時計というのは朝日の代役をしてくれる時計なので、すでに利用しているという方も多いと思います。

  • 2017/04/07 12:15:07